EXコイン(EXC)のホワイトペーパー【全文翻訳】

EXCのホワイトペーパーを読んでみたいけど、英語が難しい・・・

こんな悩みを解決します。

 

EXC(EXコイン)のホワイトペーパーは、2018年11月29日に公開されています。

 

しかし、全文がアカデミックな論調の英語で書かれているので、内容の把握が難しいという声がありました。

 

今回、Excormediaを運営されているKeiya Kojimaさんがホワイトペーパーを翻訳してくださったので、記事として公開することにしました。

 

当サイトの解釈としての日本語訳という形にはなりますが、EXCホワイトペーパーを日本語で全文掲載します。

記事の内容
・ EXCホワイトペーパーの翻訳全文
注意事項

・ EXCホワイトペーパーの翻訳全文の内容は、できる限り原文の意図がそのまま反映されるよう注意していますが、当サイトとしての解釈が含まれている可能性があります。内容の正確性を保証するものではなく、当該翻訳の内容に誤りがある場合でも、当サイトは責任を負いません。(お気づきの点がありましたらぜひご教示ください)

・ EXコインLabの記事の内容は、すべて当サイトによる独自の考察であり、GVE社およびEXCとは一切の利害関係を持ちません。開発者非公認のサイトである点ご留意ください。

 

EXC ホワイトペーパー

次世代の仮想通貨

バージョン09,  2018年11月29日

概要 (Abstract)

我々はトークン(“EXC”)を提供する事を目標に次世代の仮想通貨プラットフォーム(“EXCプラットフォーム”)を設計した。購買者や中央銀行はデジタル価値の移転の手段として以下いずれかの理由で魅力を感じるだろう:EXC(1)はどの法定通貨に対しても変動しており、価値を保存できる、(2)拡張可能であり、トップクラスに安い取引コストで提供している、(3)最高レベルのセキュリティー機能を有している、(4)100%のトレーサビリティを提供している、(5)決済時間の短縮ができ、(6)人間の介入を可能な限り排除している。

EXCプラットフォームは法定通貨と仮想通貨の両方の特性を最大限に発揮する超国家通貨をサポートする事を目的としている。この設計は、金と米ドルの代わりに超国家通貨を提案した経済学者ジョン・メイナード・ケインズの思想を拡張したものである。EXCプラットフォームを始動させる事によって、数ある仮想通貨の弱点に対処することを目指している。

背景 (Background)

2018年7月27日の時点ではビットコインの時価総額は1,410億ドル ¹を超えており、ビットコインの概要はビルゲイツやリチャードブランソン等の多くの人々から注目を集めている。我々は仮想通貨が直近の歴史の中で金融システムに最も影響を与え、重要な発明の一つであると思っている。1,300種以上の仮想通貨がITの専門家によって作成された。仮想通貨の一日の総量は現在37億ドル²を超えている。しかし、殆どの仮想通貨の設計には似た様な弱点がある。JPモルガンのCEOであるジェイミー・ディモンは次の様に述べている:「ビットコインは最終的には暴発する;詐欺だ」、「政府がいつか(仮想通貨を)潰すだろう」、「政府は何処に、誰が、何にお金を使っているかを把握しておきたい」、「政府は自国の経済をコントロールすることと同様に、自国で使われる通貨をコントロールしたいと思っている。中国は既に規制を始めている」、「ベネズエラや北朝鮮に住んでいたり、犯罪者であれば素晴らしい商品だ。本気でそう思っている。その国に住んでいる人にとっては現金や預金よりは優れている。送金コストを最小限に抑えたい正当なユーザーからは需要が高まっている。

 

国際送金に関しては通常、約$30ドルのコストが伴い、銀行を通して24時間以上掛かるため³、日常的に国際送金を行う正当なユーザーからは特に需要が高まっている。クレジットカードで送金が行われる場合、コストは更に高くなる事がある。
第一世代の仮想通貨としてビットコインは1942年に崩壊した法定通貨システムであった「金本位制」に相当する。実際、Satoshi Nakamotoのホワイトペーパー”A Peer-to-Peer Electronic Cash System”⁴ ではこのように述べている:「一定量の新しいコインを安定的に追加していく事は、金鉱労働者が採掘して金の流通量を増加させる事に類似している。」

 

¹ https://coinmarketcap.com/currencies/bitcoin/#charts
² 2017年10月3日のCNBCの記事によると「毎日、仮想通貨が37億ドル動いている一方で、世界中で記録的な6兆ドル相当の取引を行っている銀行」。
³ 銀行経由の国際送金に1日以上かかる理由を説明する以下のリンクを参照。出典:https://www.quora.com/How-long-should-international-bank-transfers-take-by-SWIFT-If-SWIFT-is-supposed-to-manage-priority-international-payments-within-1-2-business-days-why-did-it-take-3-5-days-to-get-my-money-transferred
https://bitcoin.org/files/bitcoin-paper/bitcoin_jp.pdf, 項目6,4行目

ビットコインの弱点

ビットコインの設計そのものが多くの弱点を示している。例えば、盗難や詐欺に遭った時の対処が弱いと批判されている。2011年から2017年半ばの間に、約980,000ビットコイン(約40億ドル)が「盗まれた」⁵⁶とされている。ビットコインのマイニングの過程は大量の電力を消費し、取引の決済に長い時間が掛かることでも批判されている。

多くのCPU時間、電気、そして利用者の時間はビットコインの取引の決済に費やされている。ビットコインのホワイトペーパー項目6「インセンティブ」では、取引コストについて次のように言及している:

「本システムにおける採掘は、費やすCPU時間と電力である。もし、あるトランザクションで受信額が送信額よりも少ない場合、その差額はトランザクション手数料として、そのトランザクションを含むブロック作成者のインセンティブに加算される。コインの流通量が既定値に達すると、インセンティブは完全にトランザクション手数料のみとなり、インフレから完全に解放される。」

 

https://frontera.net/news/bitcoins-market-cap-has-surged-past-the-gdp-of-these-countries/?utm_campaign=Crypto-%20Currency%20Newsletter&utm_source=hs_email&utm_medium=email&utm_content=58410965&_hsenc%20p2ANqtz--%20URnYRmkDgu2AE9RTp3gXaeDteElRsX6wctv-%20XduxSxgLZu2aAMMmWzhLhwE7q9RcmaqXtHFfgUDm7bB34-%20yxN4tjq6fewjXeQafQeosCPLWMoOT
⁶ 2018年1月26日、日本の取引所であるCoincheckから580億円に相当する5億2,300万XEMがハッキングされたと報じられた。Coincheckは、XEMを追跡するのは難しいと認めた。
https://drive.google.com/file/d/1M4aA-Dt6zpKu1csDEx4cMCxLU6dRmrUz/view
TONホワイトペーパーによると、現在の主要な暗号通貨は1秒あたり数十トランザクションを処理できると推定している。このプロセス速度は、スケーラブルになるほど十分に高速ではないとホワイトペーパーは示唆している。

お金の歴史 – 金本位制、ブレトンウッズと2008年の金融危機 – 端的なおさらい

金本位制は1792年から1942年まで続き、金の価格は$19.39 (1792年-1833年)から$35.00-$35.50(1934年-1942年)くらいであった。第二次世界大戦の後に、通貨の発行を行った主要国、特に米国の大規模な発行は経済的に不合理であると考えられる、例:1オンスの金を一定のUS$に固定する。その後ブレトンウッズ体制は米ドルが商品やサービスのバスケットに対して価値を維持するように変える事を中央銀行に説得しようとした。これは米ドルが「紙版の金」になり、金の代わりになる可能性があったからである。

ブレトンウッズはアメリカ政府が世界の金準備高を80%所有していた時に始まった。米国が持つ豊富な準備金により、政府はいつでも1オンスの金をUS$35ドルと交換できる事を保証した。しかしこれは、基盤にある経済的仮定が真実の場合にのみ可能である。それは例えば、米国が世界の経済活動の50%以上を保持している場合、または世界の金準備の80%を保持している場合、またはFRBが新しい米ドルを発行しなかった場合、またはこれらが複合的に発生した場合である。

米ドルは世界貿易において、外貨為替準備高そして基軸通貨として一番好まれる通貨になった。ニクソンはブレトンウッズ体制を終わらせ、1971年に米ドルを金から切り離した後も、米ドルは世界貿易の主要な基軸通貨であり続けている。

1971年から2008年の金融危機まで、主要の中央銀行は様々な原則に基づく金融政策を実験した。変動為替相場性により様々な政府が多様な金融政策を実施する様になった。一つの例として、中央銀行が変動為替相場性で様々なインフレ目標を採用できたことである。言い換えれば、米国、EU、日本の金融当局は、各経済内の金融危機が発生するまで、直接または間接的に、実質経済成長率を元に通貨の供給を管理していた。⁸

2008年の金融危機にリーマンショックが起こった時、主要の中央銀行、及び連邦制度準備理事会は自国政府から圧力を掛けられ、財政の安定を維持する為に独立と従来まで基づいていた原則を放棄した。先に述べた中央銀行の原則とは、実質経済活動に対して通貨の供給の結びつきを維持することである。これは破綻しそうな金融機関を救う為の「一時的な措置」とされていたが、殆どの国ではこれが10年続く事になった。

その結果お金の供給が大幅に増加し、世界中で資産価格が高騰した。これにより、テクノロジーに精通している数多くの専門家は、国債が膨れ上がっている様々な国の法定通貨からビットコインなどの仮想通貨に信念を転じたと考えられる。多くのプロのファンドマネージャーと今でも増え続けている多くの企業は生活費指数から資産価格に集点を移しており、豊富な資金もその方向に動き始めている。即ち、過度に国債が高い債務国から離れ、実物資産や株式の所有が増えている。これにより、日下部氏⁹と房氏が、2017年までそれぞれが開発していた様々なデジタルでの価値交換と移転の手段について提携する機会を得た。

 

⁸ 日本は、リーマンショックよりもはるかに早い1997年に、いわゆる「大きすぎて潰れる筈がない」を経験した。当時、米国の政策立案者は、資産が枯渇しそうな銀行を支援せずに、国民全員を平等に支援する法律を進めた日本政府の政策を批判した。
⁹ 日下部佑は、近距離無線通信(NFC)を開発し、2016年5月に認可されたACCESS SYSTEM ISO/IEC 20933:2016などを開発した日下部進の息子である。

観測 (Observation)

我々はこう信じている:第一に、米国政府、EUを構成するヨーロッパ諸国と日本政府――彼らは全て、税収またはGDPで表される経済活動と比較して、大きな国債を抱えている(Economist Magazineによると、2018年には62兆ドルに達すると推定されている)¹⁰。これは、中央銀行システム(米国の場合は連邦政府)が、国債が比較的少ない国が発行する通貨に比べて、米ドル、ユーロ、または日本円の「価値」を維持できるかどうかについて、若者は頭を悩ませている。

第二に、「部分準備銀行」(用語集を参照)と低金利環境は、主要国の経済成長に比べて、世界が使用できる現金とお金の供給を膨大にした。供給されたお金の余剰分は、不動産や株式などの資産に充てられた。当局は人々が日常生活に費やす製品の混合物によって測定されたインフレ指数を公開している為、多くの人々はインフレを感じていない。しかし、理論的にはインフレが資産価格指数で測定される場合、この認識は変わる可能性があると考える。即ち、主要通貨は株価の様な実物資産と比較して切り下げられたに違いない。

代表的に次の4つの要因:(i)不釣り合いに巨額なお金の供給、(ii)主要な法定通貨発行者によるGDPに対し、比較的に大きな国債、(iii)部分銀行、そして(iv)低金利、は多くの人々が中央銀行によって発行された主要通貨から仮想通貨または暗号資産に信念を転じさせている主な要因である。

銀行の顧客など、多くの人々は銀行の国際送金手数料(またはクレジットカード会社の外国為替取引の手数料)が過度に高い事に気づいている。銀行とクレジットカード会社はどちらも、ある通貨を別の通貨に交換する為に、顧客から0.2%から3%の支払いを要求している。これは一部の銀行に最も利益をもたらしている商売の一つである。この水準の高さは仮想通貨またはインターネットバンキングを含む送金の為の代替デジタルテクノロジーの出現によって持続可能ではない。

 

¹⁰ 次のサイトで、過去と現在の債務が閲覧可能。
https://www.economist.com/content/global_debt_clock

次世代の仮想通貨/デジタルマネーに対する我々のビジョン

GMFのスーパーバイザーについて

日下部進

日下部は1981年に早稲田大学で機械工学の学士号(BA)を取得した後、ソニーに入社した。

日下部はFeliCaとその関連システムを設計・開発した。FeliCaシステムは、ハッキングを一回もされずに21年の運用実績があり、最も安全な法定通貨決済システムの1つと見なされている。他の評価の高いシステムに加えて、日下部は、1995年に香港のOctopus、1997年にシンガポールのEZ-Link、2000年に日本のJR東日本のSuicaで採用されたFeliCaオペレーティングシステムを担当した。ソニー在籍中は、非接触技術の国際規格の起草を担当し、世界中で使用されている技術規格「近距離無線通信」(NFC)を名づけた。

日下部は2005年に三菱商事に入社し、最高技術責任者としてトランザクションメディアネットワークスを設立し、オンラインNFC決済処理システムを開発した。

日下部はQUADRACを設立し、社長として近接型容量性結合通信を開発した。彼は、リアルタイムサーバー用のQ-Coreの設計と開発に成功した。これは大量のトランザクショントラフィックに適しており、EXCプラットフォームが一つのQ-Coreごとに1日あたり、少なくとも1億7,200万回の取引処理を可能にした。日下部は今年初めにQUADRACの会長に就任し、GMFのスーパーバイザーになった。

テクノロジーの世界で日下部の評判は、2018年に木楽舎が出版した「フェリカの真実」という本¹¹ に記載されている。この本は、評判の良い日本のジャーナリストによって書かれた。

 

¹¹ https://www.amazon.com/dp/B07FDXPDK3

房広治

房は1982年に早稲田大学でシステム工学の学士号(BA)を取得して卒業した。房は1990年にS.G. Warburgに入社し、2000年に退職するまでUBSグループで多数の上級職を歴任した。1990年代に、M&Aアドバイザリーや資本市場のノウハウなど、欧米の金融技術を積極的に日本に導入し、資本市場の発展に貢献した。クレディ・スイス・グループが日本で深刻なスキャンダルを起こした時、評判を回復し、フランチャイズを再構成する為に、2000年に日本の投資銀行部門の責任者としてクレディ・スイスに入社した。入社して間もなく、クレディ・スイスがDLJを買収した後、房は、三井住友銀行グループとの合弁事業であり、クレディ・スイスが50%の株を保有するDLJ direct SFGの唯一の取締役になった。DLJdirect SFGは、房が取締役を勤めていた間、最も成功したインターネット証券の1つになった。また、2003年に全ての株主を代表し、DLJ direct SFGを楽天に売却する責務を果たした。

房は2004年に独立し、ヘッジファンドを立ち上げ、2005年にアジアヘッジから日本の株式市場でニュー・ファンド・オブ・ザ・イヤーを受賞した。2006年にライブドアが崩壊した後、房が共同設立したサンドリンガムファンドは3年間リテールFX証券システムのシステム開発会社であるEMCOMの支配権を持っていた。EMCOMは日本のリテールFXビジネスの発展に貢献し、世界一の市場にした¹²。 EMCOMのクライアントであるFXブローカーの合計市場シェアは、日本のリテールFX市場の50%を超えていた。

2011年以来、房は多くのプライベートエクイティに投資し、多くの企業の取締役を務めている。2017年11月、房は日下部進の息子である日下部佑と共同で、EXCプラットフォームを構築するためのシステム開発会社である株式会社GVEを設立した。

GMFの法的および組織的構造¹³

登録番号335826のケイマン諸島免除財団法人であるGlobal Monetary Foundation(“GMF”)は、2018年3月22日に設立され、EXcoin、Excor、または「EXC」トークンと呼ばれる新しい仮想通貨の発行者である。GMFには株主やメンバーはいない。GMFの取締役会は、GMFの事業と業務を管理する責任があり、常に財団法人の最善の利益のために行動する義務がある。GMFには、GMFの管理をする2人の監督者がいる。ケイマン諸島の法律で義務付けられているように、ケイマン諸島で会社の管理サービスを提供する事を許可された人物である秘書がGMFによって任命された。ケイマン諸島の法律の問題として、またGMFの定款に従い、いかなる場所または出所からの財団の収入または財産のいかなる部分も、配当、ボーナス、またはその他の方法で直接的または間接的にメンバーに支払われたり、譲渡されたりしてはならない。しかし、財団法人への承認された報酬はその限りではない。

 

¹² EMCOMは、クライアントに高速処理システムを提供し、 それによってクライアントはそれぞれの顧客に300倍のレバレッジを提供することが出来た。
¹³ EXCプラットフォームの観点からGMFは、EXCトークンの価格が下落したときに、EXCトークンを買い戻すために法定通貨を保有する特別目的会社である。

EXCトークン

GVEは、EXCプラットフォームが構築されている技術ソリューションとITサポートの供給者である。日下部佑氏と房氏は、GVEをテクノロジー企業としてシステムを開発することを決定した。GVEは日本で既に特許を取得しており、米国とヨーロッパでも同様に出願している。これにより、EXCプラットフォームはテクノロジーコストをGMFから切り離すことが出来た。GMFとGVEの提携構造には、有限責任と信用リスクがあるため、GMFが破産する可能性が低いという追加の利点もある。GMFとGVEの間の合意に基づいて、GMFはGVEからテクノロジーサービスを引き続き受ける。GVEはQuadracがプラットフォームにQ-Coreサーバーを提供する契約をQuadracと結ぶ事を計画している。この提携構造は、EXCプラットフォームが長期および短期の両方で非常に費用効果が高くなることを意味する。EXCプラットフォームを構築してEXCを設計する過程で、新世代のプラットフォームとトークンを市場に投入するために、次の設計原則を満たす事を目指している:

 

1. EXCは新しい暗号通貨として、主要な発行国が危機に陥ったときに上振れを捉えるために、あらゆる法定通貨に対して変動する;

2. 価値の保存を可能にし、信用力をあげる;

3. ほぼゼロの取引コストまたは可能な限り低い取引コストを達成する事;

4. 利便性の提供 – 1秒以内で送金;

5. 二重支払い、詐欺、マネーロンダリングおよび/またはハッキングに対して対応している最高レベルのセキュリティ;

6. 100%のトレーサビリティー; ¹⁴

7. EXCプラットフォームは、人間の介入を可能な限り排除する;

8. EXCプラットフォームは、IMFの様に包括的である為に十分な柔軟性を備えている必要があり、テクノロジーの発展と共に進化する必要がある。

 

日本で既に付与されている特許は日本の特許庁のウェブサイトで閲覧可能である¹⁵。また、必要に応じてEXCプラットフォームに関連する特許を当社のウェブサイトhttp://excor.orgに掲載する予定である。

 

¹⁴ 最終的には、さまざまな中央銀行がデジタルプラットフォームとして使用できるようになる。
¹⁵ https://www7.j-platpat.inpit.go.jp/tjk/tokujitsu/tjkt/TJKT_GM301_Detailed.action

EXCプラットフォーム - デジタル中央銀行の重要性

GMFは、特別目的事業体および「デジタル中央銀行」として機能している。GMFの役割は、世界中の多くの中央銀行にとって最後の貸し手のデジタル版になる事であり、IMFの本来の目的の役割と似ている¹⁶。 上記に述べているように、GMFは、GMFの取締役または監督者に、利益として分配または配当、ボーナス、またはその他の報酬の供与を禁じている。GMFの取締役およびスーパーバイザーは、ケイマン諸島法に基づいて、財団の最善の利益のために行動する受託者責任を負っている¹⁷。「GMFの原資産の受益者」が政府や株主ではなく、EXCのユーザーであるという意味で、IMFとは異なる。2,700人の従業員を雇用するIMFと比較し、GMFは世界で最も低コストの運用、破産リスクの最小化を目的として、ほぼ完全に自動化されたシステムを備え、一人のディレクターと2人のボランティアスーパーバイザーによって管理される。結果、EXCプラットフォームはIMFを補完するものとなるはずである。

デジタル中央銀行:EXCの信用力

EXCを発行することにより、米ドル、ユーロ、人民元、日本円、英国ポンドなどの外貨準備高を蓄積するように設計されている。EXCプラットフォームの始動で、2,100万単位が発行される(ただし、まだ購入されていない)。2,100万単位すべてが市場に販売された場合、このデジタル中央銀行(GMF)の累積資産合計は約220兆ドルになる計算である。これは中央銀行が持つ資本では上位あるいは世界一になる。これは、ACCESS SYSTEMS¹⁸ のコアコンセプトであるQ-Core Server¹⁹の技術仕様と、GMFが使用する特定の技術が、独自の国際競争力を持っているからこそ、実現可能である。これは、プルーフ・オブ・ワーク・コンセプトを備えた現在のブロック・チェーン・テクノロジーにはクレジットを蓄える設計がないため、新しいコインを発行しても価値の保存機能が欠如しているビットコインとは異なり、EXCトークンは、時価総額が事前に決定された水準に達するまで流通せず、EXCトークンの流動性は状況に応じて法定通貨の準備金が増減する。

お金の経済理論(資産配分の面)は、価値の保存機能を必要とする。EXCの価値は法定通貨の準備金によって支える事で、GMFがEXCの価格の相対的な安定性を確保できるため、我々の見解ではEXCはビットコインに対し、大きな優位性があると考える。これは、価値の大幅な変動が価値の貯蔵庫として市場に不利益をもたらしているビットコインとは対照的である。

 

¹⁶ GMFの資本がIMFを超えると、GMFは最後の貸し手になるチャンスがある。 2017年12月の時点で、世界で供給されている総資金は90兆ドルである。 EXCの価格が2,100万ドルに達すると、GMFの総資本は220兆ドルになる。
¹⁷ 前述のように、GMFには株主やメンバーがいないため、GMFの利益相反が緩和され、EXCの発行者としての唯一の役割に集中することができる。
¹⁸ https://www.iso.org/standard/69494.html ISO/IEC 20933:2016情報技術: 分散アプリケーションプラットフォームおよびサービス(DAPS) - アクセスシステム。
¹⁹ https://www.incj.co.jp/english/performance/upload/docs/QUADRAC.pdf

独立した価格変動を持ち、価値を保存し、価値を高め、流動性を高めるメカニズム

すでに述べたように、公的債務の急増と共に、米国、EU、日本で多くのお金が印刷されているため、資産価格の上昇が起こっている。したがって、EXCの価格変動を独立させたメカニズムは非常に重要な機能である。需要と供給を一致させてEXCを供給または買い戻す当社の自動的なシステムは、市場メカニズムが初めて組み込まれた仮想通貨にEXCはなるだろう。

GMFは合計2,100万のEXCを発行した。N番目のコインは、EXCの市場価格がUS $ N(例えば、100万ドルで100万番目のコイン)に達した時にのみ市場に流通しされる。言い換えれば、EXCの市場価格は、世界で流通するコインの数を定めている²⁰。これは、経済データを見て適切なマネーサプライの量を決定する世界の中央銀行とは対照的である。EXCの需要と供給がマネーサプライ、したがってEXCの時価総額を定めるこのメカニズムは独特であり、法定通貨の中でも最も市場に中立な通貨の1つと見なすことができる。

EXCの便利な機能のひとつは、GMFによる自動買い戻し操作メカニズムである²¹。GMFのサーバは、EXCの市場価格が大幅に下落した時、自動的に買い戻し操作を行う。GMFは、米ドルの外貨準備を持ち、独自の知的財産を持っているため、これを行う能力がある²²。 例えば、GMFのコンピュータは、N番目のコインが発行された価格の半分あるいは半分以下の価格で購入操作を行う。このように、もしビットコインと同様にボラティリティが高まり、コインの価格がピークから大幅に下落しても、1コインあたりの準備金が増加し、コインの価値が高まる。EXCトークンは法定通貨とペッグされていないが、このメカニズムは、法定通貨にペッグされていない他の仮想通貨と比較しても流動性を大幅に高めることも目的としている。

 

²⁰ これまでの最高値が1コインあたり$ Nであるとする。次に、1コインあたり$(N + 1)から1コインあたり最大2,100万ドルまで、世界の取引所が提供している。
²¹ EXCプラットフォームの流動性機能については、http://excor.orgで入手できる別のテクニカルペーパーで詳しく説明されている。
²² 2018年4月6日、日本でデジタル中央銀行買い戻し操作の特許が付与された。

セキュリティ機能:2,100万枚のコインと人を追跡。二重支払いや詐欺を防ぐためのユニークなデザイン

EXCプラットフォームシステムの他の独自技術は次のとおりである: EXCプラットフォームは、追跡できる範囲までスケーラブルである: (i)2,100万ユニットの仮想通貨に加えて、(ii)世界の80億人(および/またはエンティティ)のアカウント、(iii)当社の仮想通貨を含む全ての取引。トランザクションを3つ以上の異なる方法で各データベースに記録することにより、MtGoxやCoincheckの時の様な、不正またはハッキングのケースを早い段階で防ぐ事が可能である。EXCプラットフォームとEXCトークンは、現在の銀行システムやビットコインと比較して、より安全で費用効果の高い銀行システム(特に二重支払いを特定するため)を作成することを目的として設計された。

この機能の詳細については、2017年12月5日にPCTに基づいて提出された特許申請を参照²³。

 

²³ https://www7.j-platpat.inpit.go.jp/tjk/tokujitsu/tjkt/TJKT_GM301_Detailed.action GVE Co., Ltd.、東京都中央区日本橋兜町13-1 兜町偕成ビル別館4階、103-0026、日本、2018年4月6日に日本で特許を取得した。

包含的な文化

メディアで報道されているように、多くの中央銀行²⁴が仮想通貨、または電子通貨システムを研究している。特に2020年にASEAN諸国のように経済協力分野に統合する国々に対して、GMFとGVEは費用効果の高い支払い手段を使用することに利点を感じる中央銀行を支援することを目指している。仮想通貨は紙幣に比べ、優れた機能を備えているが、政府は紙幣を無限に発行する能力と、仮想通貨の使用を制限する権力を持っている。それと同時に政府は、税金支出を節約するため、最小の法定通貨単位を最小のコストで流通させる義務がある。さらに、多くの国では現金の流通を維持するためのコストが非常に高く、銀行の仲介業者がそのコストを顧客に移すため、現金の支払いを廃止するかどうかを検討している。各中央銀行または銀行仲介業者がEXCプラットフォームに法定通貨の電子マネーシステムをアウトソーシングすることで大幅なコスト削減になるため、政府とGVE/GMF間の協力は相互に有益である ²⁵。

 

²⁴ スウェーデン、ノルウェー、ロシア、IMFなどがある。
²⁵ FeliCaは、取引あたり0.5ミリワット未満のエネルギーコストを達成した。これは、大手クレジットカード会社のエネルギーコストと比較して非常に小さい。 EXCプラットフォームは、FeliCaよりもさらに少ないエネルギーコストを達成することを目指している。

マネーロンダリング防止機能 – プライバシー vs 非機密性

EXCプラットフォームは、ビットコインの弱点を改善する機能を持つように設計されている。EXCプラットフォームは、GMFまたはEXC所有者(少なくともフルユニットレベル)のプライバシーや機密を抜きにして設計した。これは、特定の仮想通貨が持つ匿名機能を利用し、犯罪や詐欺を行なう人がいることを認識しているからである。我々の見解では、EXCは合法なことにしか使用できないため、EXCを使用する人々は誇らしく、自信を持って使うことができる。すべての金銭取引の完全なトレーサビリティがあることがGMFの原則である²⁶。

 

²⁶ 法定通貨の金額は90兆ドルに達し、これは仮想通貨市場全体よりもはるかに大きい。 http://money.visualcapitalist.com/worlds-money-markets-one-visualization-2017/を参照

システムの進化原理

最も高度な概念でさえ、30年で時代遅れになるリスクがある。したがって、我々は、最後の原則であるGVEプラットフォームの進化を奨励および予測する。EXCの所有者は、この原則を理解し、最初の5つの原則が遵守されている限り、進化を歓迎する必要がある。5つの原則は次の通りである: (1) 他の通貨に対して完全変動為替で交換されるシステム、(2) 価値の保存が可能、(3) 取引費用がかからない、(4) 最高レベルのセキュリティ、(5) 100%のトレーサビリティー。

我々の仮想通貨の所有者は、技術の進歩から利益を得るはずである。現在Quadracが我々の活動を可能にする最高のベンダーである。これは、最もエネルギー効率の高い製品である強力なQ-Coreサーバーの現在の市場での高度な位置付けによるものである。QuadracのCCC技術の開発が成功すれば、節電がさらに大幅に強化される。Quadracがテクノロジーの優位性を失った場合、Quadracとのリース契約が満了後、EXCプラットフォームは他のベンダーのテクノロジーに移行する。

費用対効果 – 未来の事を考える方達へ

我々の通貨の潜在的な利用者は、どのようにしてGMFが取引コストを請求しないことを維持できるか疑問に思うだろう。この世界で100%確実なものは存在しない。我々の仮説は次のとおりである;中央銀行は自分の原資産からお金を稼ぐ事ができる筈である。IMFは2,700人の有給従業員を雇用しているが、GMFは特定のアドバイザーやサービスプロバイダーと契約を結んでおり、有給の従業員はいない。IMFの年次報告書から分かるように、5つの通貨が混在するSDRはプラスの金利を生み出している。GMFはプラスの金利を生み出す通貨のみを持つことにより、外貨準備を通じて利息を稼ぐことができる筈である。 実際、これは銀行が2008年の金融危機まで長い間行ってきた事である。

銀行が提供する金利は、その銀行の決済コスト全体をカバーするのに十分な数値であるはずである。取引手数料を請求するのはかなり新しいことであり、銀行の経営陣が最良のテクノロジーをどう適用できるかを理解していれば、取引手数料を大幅に削減できていると我々は考えている。

主要なイベントのタイムテーブル

以下は、最近発生したイベントの順序である。

- 2017年6月に作成されたEXCプラットフォームの主要な設計と最初のドラフト

- 主要メンバー間で協議が行われ、2017年11月にシステム開発会社が設立

- 2017年12月5日に、3つの主要な特許技術が特許協力条約に基づいて提出

- 2018年4月に日本で3つの主要分野すべてを網羅する13件の特許が付与

- 日本と同様に、2018年7月にヨーロッパで、8月に米国で特許申請を提出

- 英国でのマーケティングが2018年9月に開始

- プラットフォームの準備が出来た時に既存の取引所がEXCを扱っていない場合に備え、英国で代替取引所の準備

 

現在の計画は次の通りである。

- 2019年初頭までにEXCプラットフォーム最初のバージョンをリリース

- プラットフォームの発売準備が整い次第、パートナー取引所によるメインセールのブックビルディングを開始

- 需要が1億2,100万ドルを超える場合、各パートナーには取引所への割り当ては縮小すると伝達

- 上場が完了し、取引開始

- 最初の12ヶ月、月曜日から金曜日まで取引所は英国時間の午前9時から午後17時の間にのみ開く可能性がある。運用から最初の12か月間、EXCプラットフォームはデバッグされ、アップグレードされる

- 今後3〜4年間、コモンクライテリアに基づくEAL6セキュリティステータスを申請

- プラットフォームが半自動レベル(特定の企業が「人工知能レベル」と呼ぶレベル)を達成していることを確認した後、超国家通貨の概念を売り込む

申し込みの仕方

トークンオファリングへの参加を申し込むには、当社のWebサイト(http://excor.org)に記載されている詳細を参照。

上場の計画

EXCプラットフォームが機能するようになり次第、既存の取引所と交渉してEXCを上場する予定である。GVEは既存の取引所が合理的な条件でEXCを上場することに同意しない場合に備えて、EXCを譲渡可能にする為に提携取引所を設立する予定である。

手数料、スプレッドおよび将来の売上

手数料とスプレッド - EXC購入者が取引所に支払う料金は、それぞれの取引所が設定する。²⁷ ²⁸

トークンセール料金 - トークンセールに関してGMFに支払われる金額、GMFがと
りわけ準備金に蓄える金額は、第三者の法的およびその他の料金と費用の後に送金される。将来的にトークン販売を再び行なう場合、導入、引受、ヘッジ、配置、およびその他の第三者への支払いの合計で、設計により5,000トークン販売ごとに平均総手数料役1,250万ドルがかかる。この料金は、販売の全体的なコーディネーターによって徴収されるが、これは随時異なる場合がある。 これは、取引所が請求する仲介手数料に追加された料金である。政府機関との二国間協定などで、5,000トークンの販売が随時行われる場合がある。

将来の販売 – 柔軟性を維持し、EXCの潜在的な将来の販売に関する法規制を順守するため、GMFは購入者のために適切にライセンスされた関連会社および/または第三者と、GMFがEXCを貸与する契約を締結する場合がある。GMFは現在、GVEおよびExcorとそのような取り決めを締結している。全ての場合において、関連するローンの条件では、関連するEXCトークンの将来の販売に起因する収益は、事前に合意された式によってGMFに返済される必要がある。つまりN番目のトークンが市場に供給された時、GMFが$ Nを受け取る。ただし、GMFはシステム全体を合法かつ規制に準拠させるために、2020年末までEXCプラットフォームをセットアップするために、GMF、Excor、およびGVEに請求される法的およびその他の専門家の費用を支払うことが許可されている²⁹。さらに、関連するアフィリエイトまたは第三者は、そのような将来の販売に関連して提供される追加サービス(通貨換算または為替レートのヘッジおよび潜在的な購入者への交渉に関連するサービスを含むがこれらに限定されない)に対して個別に請求する場合がある。

 

²⁷ 第三者の取引所は、メインセール のコイン1枚$12,000ドルに1,000ドルを請求することを提案している。これは、小売購入者への販売価格の8.333%に相当する。
²⁸ このホワイトペーパーの日付の時点でGMFとExcorは、EXC取引活動に関連して適用される可能性のある手数料とスプレッドに関して取引所との契約を締結しておらず、そのような契約が将来的に締結する保証もない。そのためGMFとExcorは取引所でのEXC取引に適用される可能性のある手数料または手数料のレベルを決定する上で何の役割も果たさない場合がある。ただし、取引所がトークンあたり1ドルの範囲でスプレッドを設定することを望んでいる。これは、トークンの価格がたとえば12,000ドルの場合0.008%である。
²⁹ システム全体に請求される法定費用の合計は、100万ドルから200万ドルの範囲になると予想する。 GMFに請求される専門家報酬の合計が200万ドルを超える場合は、https://excor.org/で遅滞なく発表します。

危険因子

このホワイトペーパーは、ケイマン諸島通貨当局(「CIMA」)またはケイマン諸島の他の政府当局に提出、レビューされておらず、GMFによる規制も監督も受けていない。CIMAもケイマン諸島の他の政府当局も、EXCプラットフォーム、EXCの販売、またはこのホワイトペーパーに含まれる情報の正確性または妥当性について判断を下したり、その条件やメリットを承認しておらず、どの当局もするつもりはない。EXCの販売は、CIMAの監督、またはケイマン諸島外の規制当局による監督、およびケイマン諸島法に基づいて規制対象事業体に適用される購入者の保護に必要と見なされる要件の対象ではない。

当社のウェブサイトhttp://excor.orgにあるトークン購入契約の付録に記載されている追加のリスク要因を参照。

構造の変更

監督者は、Excor、GMF、EXCプラットフォーム、EXCトークン、および/またはトークンオファリングの構造、機能、またはその他の側面を、例えば(ただしこれらに限定されない)、税務、法律、または規制上の立場が変わっての修正、あるいは、税務、法律、または規制上の立場から有利になるような修正を行う場合がある。

用語定義

人工知能またはAI: https://en.wikipedia.org/wiki/Artificial_intelligence
金融業界は、半自動システムが広く使用されている最先端の業界の1つである。たとえば2017年には、約2,000台の自動化されたコンピューターが世界の流動性のある証券およびFX市場に資金を割り当てている。彼らは有価証券または通貨の過去の価格変動を分析し、経済データまたはニュースが発表されるとすぐに価格の方向性を予測しようとする。これらのAIマシンには独自の思考を生み出す能力はありませんが、歴史的なパターンを分析し、将来の動きを予測するのは高速である。

バンコール:
ジョン・メイナード・ケインズがデザインした超国家通のコンセプト。
https://en.wikipedia.org/wiki/Bancorを参照

コモンクライテリア: (https://en.wikipedia.org/wiki/Common_Criteria)
証券のレベルを測定するための情報技術の国際標準。(ISO/IEC 15408)

評価保証レベル(EAL): https://en.wikipedia.org/wiki/Evaluation_Assurance_Level
コモンクライテリアでは、EAL番号が高くなると、ISO/IEC 15408で定義されているセキュリティレベルが高くなると見なされる。つまり、攻撃に対してより強いと考えられている。

部分準備銀行:https://en.wikipedia.org/wiki/Fractional-reserve_banking

IMF: 国際通貨基金:
https://en.wikipedia.org/wiki/International_Monetary_Fund

Q-Coreサーバー: QUADRACによって開発された大量のトラフィックトランザクションに適したサーバー。 Q-Coreサーバー1台あたり、1日あたり少なくとも2,000TPSまたは1億7,200万トランザクションを決済する能力がある。0.2秒以内に決済取引を処理することができる。このサーバーは1時間あたり最大70ワットを消費する。これは一般的なパーソナルコンピューターの10分の1である。

スケーラビリティー: デジタルマネーシステムのスケーラビリティーは、通常、3つの基準によって測定される。1つ目は、取引あたりのエネルギーコストである。その他は実行時間と1日あたり(または1時間あたりまたは1秒あたり)の取引数である。取引あたりのエネルギーコストが低く、実行時間が短く、1日あたりの取引数が多い場合、システムはスケーラブルである。

セキュリティ: コモンクライテリアで定義されているとおり。

決済速度: 通常、分で表される。https://www.mintcoinofficial.com/によると、取引の実行には平均してビットコインが65分、ETHが3分かかる。

TPS: 1秒あたりの取引の略語。https://www.mintcoinofficial.com/によると、平均してビットコインは32 TPS、ETHは16TPSを処理できる。

基軸通貨: https://www.encyclo.co.uk/meaning-of-Vehicle_%BC_20currency

 

© 2017- 2018 Copyright All rights reserved. GVE Ltd. and Excor Ltd.

れいのTwitterをフォローする