EXコインの売り方

・EXコインをできるだけ高く早く売りたい!
・銀行口座に円で出金するまでの流れは?

こんな要望に答えます。

 

EXコイン(EXC)の買い方については、PC編スマホ編に分けて解説をしてきました。

今回は、EXコインの売り方について詳しく知りたいというリクエストに答えます。

初心者の方にもわかりやすいように、丁寧に解説していきます。
なお、PCから見たスクリーンショットを用いていますが、スマホからでも同じ手順で対応可能です。
記事の内容
・ EXコインの売り方
・ BigBoss/FOCREXから日本国内の銀行に出金する方法
注意事項
・ EXコインLabの記事の内容は、すべて当サイトによる独自の考察であり、GVE社およびEXCとは一切の利害関係を持ちません。開発者非公認のサイトである点ご留意ください。

EXコイン(EXC)の売り方

仮想通貨取引所FOCREXにログインしたら、忘れずに以下のEXC/USDを選択します。

EXC/USD

 

EXコインを売却するためには、画面中央下部にある「LIMIT」と書かれたボックスの右側に情報を入力する必要があります。

FOCREX Sell

 

具体的な入力項目は次の2点です。

Price ・・・「この価格でEXコインを売りたい」という希望の価格
Amount ・・・ 売りたいEXコインの枚数

Amountは自分が所持しているEXコインのうち売りたい枚数を記入すれば問題ありません。

今回はEXコインを1枚売りたいという前提で解説していきます。

 

売却をする上で特に問題となるのはPriceです。

 

大きく2つの考え方があるので、順に解説します。

① とにかく早く売りたい場合

すでに提示されている買い手のオファーの中から、一番条件が良いオファーですぐに取引を成立させる方法です。

その場で取引が成立するため、早さとわかりやすさがメリットです。

しかし、相場が落ち込んでいるときには自分が希望する価格のオファーが出ていないこともあり、あまりにも安い価格のオファーに応じてしまうと、損失が発生する可能性があります。

 

まずは、画面右側にある板(ORDERBOOK)を眺めましょう。

Orderbook

 

上の図は2021年7月18日の板(オーダーブック)の状況です。

EXコインを売却するためには、買い手を見つける必要があります。

 

図を見ると、「買い手のオファー」の中で一番高く買い取ってくれるのは、一番上の11,000ドルであることがわかります。

そこで、Priceの欄に11,000と転記しましょう。

早く売りたい場合

Amountの欄にはORDERBOOKに記載のある0.01を転記します。

本当は1と記入したいところですが、11,000ドルの買い手のオファーは0.01枚分しかありませんので、買い手のオファーに枚数を合わせます。

あとは「Sell(=売却)」と書かれた赤いボタンを押せば約定(=取引成立)します。

 

まだ売却できていない残りの0.99枚については、2番目に条件の良いオファーである10,600.10ドルで、上記と同様に取引を成立させます。

希望枚数を売り切るまで同じ手順を繰り返せばOKです。

方法①のまとめ
メリット・・・すぐに売れる
デメリット・・・希望の価格で売れないことがある

② 時間がかかっても高く売りたい場合

買い手のオファーとは無関係に、自分が希望する価格でオファーを出す方法です。

価格は完全に自由に決めることができ、十分に利益が出る高い価格でオファーを出すこともできます。

しかし、ある程度市場の動向を予測しておかないと、いつまでも買い手が現れずなかなか取引が成立しない可能性もあります。

そこまでハードルが高いわけではありませんが、ある程度の市場の理解と、場合によっては根気強さが必要となる点には留意しましょう。

 

今回は、方法①よりも高く売れるという条件の中で、比較的早く取引を成立させることができる方法を紹介します。

この方法が最善策というわけではなく、「高く売る」ことと「早く売る」ことを両立させるためにバランスをとった方法とご理解ください。

まずは、画面右側にある板(ORDERBOOK)を眺めましょう。

Orderbook

ここでは、赤字で囲まれた売り手のオファーと横並びでオファーを出してみましょう。

他のライバル(売り手)と同じ価格に合わせることで、そのときの相場水準に沿ったオファーを出すことができます。

 

売り手のオファーのうちの一番安い金額である11,296.5をPriceに転記します。

Amountには、自分が希望する枚数を記入しましょう。

方法②

補足
価格が上昇することを予想して、例えば「売り手のオファー」の中間にある11,400でオファーを出すという考え方もあります。
自分が妥当だと思う価格で自由に設定してみましょう。

 

Sellのボタンをクリックすればオファーが出されます。

あとは買い手が現れるのを待ちましょう。

 

無事買い手が現れれば、自動的に取引が成立します。

方法②のまとめ
メリット・・・高く売りやすい
デメリット・・・長期間取引が成立しないことがある

BigBossからの出金方法

無事EXコインを法定通貨に換金できたら、次は出金です。

BigBossのマイページにログインし、画面左のサイドバーから「出金」を選択しましょう。

BigBossからの出金

おすすめの出金方法

「出金方法一覧」をクリックすると、下記の画面が表示されます。

出金方法

 

4通りの出金方法がありますが、

いろいろあってよくわからない・・・

という方には、① 銀行出金 が簡単でおすすめです。

今回はこの方法に絞って解説していきます。

銀行出金の流れ

① 銀行出金 をクリックすると、下記の確認画面が表示されます。

出金確認事項

日本の銀行口座へ出金する際に手数料として2,000円がかかる点には注意しましょう。

 

問題なければ、画面下部の出金フォームへ進みましょう。

まずは「銀行情報の追加」をクリックします。

銀行情報の追加

 

ポップアップが出てきますので、指示に従い、銀行情報を追加していきましょう。

銀行情報追加

 

ここまで完了したら、「出金フォーム」に情報を入力していきます。

出金フォーム

 

最後に、画面最下部の「同意する」にチェックを入れて、「出金する」をクリックすれば完了です。

出金する

 

登録した銀行口座に振り込みがあることを確認しましょう。

BigBossのサポート窓口

Bigbossには、日本語に対応したサポート窓口があります。

ほとんどの場合数分以内に返答がありますので、不明点があればそちらで質問してみましょう。

 

サポートと連絡を取りにくいFX業者や仮想通貨取引所が多い中、かなり親切な制度だと思いますので、ぜひ活用してみてください。

サポート窓口はこちら

 

「サポート窓口はこちら」をクリックすると、サポート窓口が新しいウィンドウで開きます。

サポート窓口

れいのTwitterをフォローする